JP

EXHIBITION OVERVIEW展覧会詳細

開館40周年記念 源氏物語 THE TALE OF GENJI ─「源氏文化」の拡がり 絵画、工芸から現代アートまで─

THE TALE OF GENJI: Unfolding Narrative of Art and Culture from the Past to Modernity

開催期間 2024年2月24日(土)~2024年3月24日(日)

休館日:月曜日

開館時間:10:00~17:00(16:30受付終了)

会場:東京富士美術館:本館・企画展示室1〜4

主催:東京富士美術館
後援:八王子市、八王子市教育委員会
協力:源氏絵データベース研究会、一般財団法人 民族衣裳文化普及協会
監修:稲本万里子(恵泉女学園大学 教授)

OVERVIEW概要

紫式部によって執筆された『源氏物語』は、平安時代中期に成立して以来読み継がれ、現在でも広く愛読されています。主人公・光源氏を中心に、貴族社会における栄華や恋愛模様を叙情豊かに表したこの物語は、文学、絵画、工芸、芸能、香道など幅広い分野に影響を及ぼし、「源氏文化」と総称し得る文化現象を生み出しました。
 とりわけ、物語場面を絵画化した「源氏絵」は流派や時代を越えて数多く描かれ、人びとに享受されてきました。本展覧会では、「源氏絵」を中心として、『源氏物語』や紫式部にまつわる美術、工芸、文学作品を紹介します。本展覧会が、それぞれの作品を通して物語を追体験し、『源氏物語』の世界を身近に感じる機会となれば幸いです。

<展示構成>
第1部 『源氏物語』とその時代
『源氏物語』が成立して間もなく、その絵画化は始まったとされており、その豊かな表現は現存最古の「源氏絵」である国宝《源氏物語絵巻》に見ることができます。本セクションでは、物語が成立した平安時代の美術・工芸品とともに、模本や再現された装束を展示し、王朝文化の一端をご覧いただきます。

第2部 あらすじでたどる『源氏物語』の絵画
『源氏物語』は絵巻や冊子をはじめ、扇面、色紙、屏風など様々な形式で描かれました。ここでは五十四帖のストーリーに沿って、土佐派や住吉派による画帖、絵巻、色紙形式の作品を中心に多種多様な「源氏絵」を紹介します。あらすじの解説を随所に織り交ぜ、物語を理解したうえで作品を鑑賞いただけるように展示します。

第3部 『源氏物語』の名品
桃山時代以降には、大画面に物語場面を描く屏風形式の「源氏絵」も次々に生み出されます。本セクションでは、一隻に一場面を大きく描く屏風や、二〜三場面を組み合わせて描いた屏風作品を中心に、大画面「源氏絵」の名品の数々を紹介します。また、「源氏絵」の図様や特徴的なモチーフは、工芸の意匠としても取り入れられるようになります。ここでは、物語を主題とした漆芸品を中心として紹介し、ジャンルを超えた『源氏物語』の拡がりを見ていきます。

第4部 近代における『源氏物語』
明治時代以降も、『源氏物語』とその作者・紫式部はひとつの着想源としてあり続け、伝統的なやまと絵の手法を重んじつつも、近代的な視点で登場人物の内面や情景に迫る作品が制作されました。本セクションでは、尾形月耕、松岡映丘、上村松園、安田靫彦らによる「源氏絵」を紹介します。また、物語の普及に大きな貢献を果たした、与謝野晶子と谷崎潤一郎による現代語訳本の装丁・挿画にも目を向けます。

エピローグ 現代に蘇る『源氏物語』
現代においても、『源氏物語』に触発され、自由かつ斬新な発想で作品を制作する作家は少なくありません。展覧会を締めくくる本セクションでは、現代作家による工芸、文学、漫画等を紹介し、現代における「源氏文化」の様相を探ります。

PICK UPピックアップ

図録正誤表

本展図録に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。正誤表PDFを掲載しますのでダウンロードの上、図録に添付をお願い申し上げます。

詳細

EVENTS関連イベント

開催予定のイベントはございません。過去のイベントは【一覧をみる】ボタンからご確認ください。

UPCOMING EXHIBITIONS開催予定の展覧会

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会