JP

RESEARCH INITIATIVES研究活動トップ

東京富士美術館では収蔵作品の研究を根幹として、さまざまな分野の美術史研究の裾野を広げ、その発展に寄与する研究活動に取り組んでいます。世界のあらゆる美術館、研究者とネットワークを拡げつつ、「あらゆる人々に開かれた美術館として、豊かな社会を実現します」とのビジョンを掲げながら、活発な研究活動の成果を斯界に有益な「知の広場」として解放し、「美術史研究のセンター」となることを目指します。

主な取り組み

文献資料・アーカイブズ資料の収集・整理・研究

収蔵作品に関するさまざまな出版物・実物資料の収集・整理・研究に努めています。中でも作者や研究者に由来する美術関係アーカイブズ資料の整理・研究は研究基盤整備に直結する重要な研究活動の一つに位置付けて取り組んでいます。

『東京富士美術館研究誌 ミューズ』の刊行

文化交流随想(世界のさまざまな美術館との交流に関する寄稿)、収蔵作品の論考、研究者による名品解説、学芸員による論考、館の活動記録ほかによる充実した研究誌を継続的に刊行しています。

芸術研究所の開設準備

美術史研究の拠点整備の一環として、収蔵作品に関わるさまざまな資料の収集・整理を進めています。資料の充実と学芸員・研究者の育成を図りつつ、将来的に芸術研究所を併設し、研究活動の更なる深化・発展を期することを目指しています。

研究のための特別観覧制度

研究者・大学院生などの研究に資するために特別観覧の制度を設け、収蔵作品に関する研究の進展を図っています。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会