JP

SEARCH RESULTS収蔵品検索結果

曾我蕭白( Soga Shohaku)の作品が 9件見つかりました。

曾我蕭白

Soga Shohaku 享保15(1730)-安永10(1781)

京都に生まれる。姓は三浦。はじめ高田敬輔に学び、雲谷派にも影響を受けたとされる。室町期の画家曾我蛇足に私淑し曾我姓を名乗る。20代から30代にかけ伊勢および播州(兵庫県近辺)に数度遊歴する。伊勢では朝田寺、旧永島家など多くの障屛画を手がけた。奇矯なデフォルメ、強烈な色彩やあくの強い奔放な筆法を特徴とし、代表作に《群仙図屏風》がある。晩年は京都に身を置き、絵師としての地位を得た。52歳で没。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会