JP

COLLECTION DETAILS収蔵品詳細

画像のご利用について
教育 非商用 商用

SUMMARY作品解説

蝦蟇仙人は中国の仙人葛玄あるいは劉海蟾をさす。3本足の蝦蟇(ヒキガエル)を操るとされる。仙人はお腹の着衣の中に蝦蟇を抱え、西王母と蝦蟇との逸話にちなみ仙桃を想起させる桃の枝を手にしている。蝦蟇仙人は鉄枴仙人との対で描かれることが多いが、本作もそうした対幅のうちの一幅と考えるのも面白い。いずれにしても「曾我暉雄」「蕭白」「鸞山」印とその状態からして30代前半頃の比較的早い時期の作と考えられる。

ARTIST作家解説

曾我蕭白

Soga Shohaku1730-1781

京都に生まれる。姓は三浦。はじめ高田敬輔に学び、雲谷派にも影響を受けたとされる。室町期の画家曾我蛇足に私淑し曾我姓を名乗る。20代から30代にかけ伊勢および播州(兵庫県近辺)に数度遊歴する。伊勢では朝田寺、旧永島家など多くの障屛画を手がけた。奇矯なデフォルメ、強烈な色彩やあくの強い奔放な筆法を特徴とし、代表作に《群仙図屏風》がある。晩年は京都に身を置き、絵師としての地位を得た。52歳で没。

同じ作家の作品一覧

EXPLORE作品をもっと楽しむ

全国の美術館・博物館・アーカイブ機関を横断したプラットフォームでコンテンツを検索・閲覧でき、マイギャラリー(オンライン展覧会)の作成などができます。

超高解像度で作品を鑑賞いただけます。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会