JP

SEARCH RESULTS収蔵品検索結果

上村松園( Uemura Shoen)の作品が 2件見つかりました。

上村松園

Uemura Shoen 明治8(1875)-昭和24(1949)

京都に生まれる。母仲子の手一つで育てられる。12歳で京都府画学校に入学し、鈴木松年に師事。明治23年(1890)、第3回内国勧業博覧会に《四季美人図》(大松美術館蔵)を出品し一等褒状を受ける。同26年(1893)、幸野楳嶺門へ移り、楳嶺逝去後は竹内栖鳳に師事。活動の前期では日常の暮らしと江戸時代の風俗を重ね合わせた風俗画的な作品や謡曲など古典芸能を題材とした作品を手がけ、独自の美人画を確立した。昭和9年(1934)、母を亡くした後は《母子》(東京国立近代美術館蔵)をはじめ母娘を主題にした作品で新たな画境を開いた。主に文展、帝展で活躍。近代を代表する閨秀画家として名を馳せた。昭和23年(1948)には女性初の文化勲章を受章した。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会