JP

COLLECTION DETAILS収蔵品詳細

秋草図 Autumn Leaves

昭和時代(20世紀)/紙本着色 軸装

44.0×57.5cm

画像のご利用について
教育 非商用 商用

SUMMARY作品解説

ARTIST作家解説

宇田荻邨

Uda Tekison1896-1980

三重に生まれる。17歳で京都に出て、菊池芳文に学ぶ。大正3年(1914)、京都市立絵画専門学校に入学。同7年(1918)、師芳文が死去し、菊池契月に師事する。第1回帝展で《夜の一力》(個人蔵)が初入選。以後、帝展で入選を重ね、第7回展で《淀の水車》(大倉集古館蔵)が帝国美術院賞を受賞。四条派の写生感覚を基礎とした京都の風趣あふれる清廉潔白な作品で人気を博す。昭和11年(1936)、京都市立絵画専門学校の教授となる。戦後は日展を中心に活動し、《鴨川の夕立》(京都府立総合資料館蔵)や《清水寺》(京都市美術館蔵)など、変わらず京都を題材に作品発表を続けた。昭和36年(1961)、日本芸術院会員に就任。後に日展の常任理事、顧問を歴任した。

同じ作家の作品一覧

INFORMATION作品情報

出品歴

1994年6月29日 (水)~8月7日 (日)

「日本の美と心」展 コロンビア国立博物館(コロンビア、サンタフェ・デ・ボゴタ)

EXPLORE作品をもっと楽しむ

全国の美術館・博物館・アーカイブ機関を横断したプラットフォームでコンテンツを検索・閲覧でき、マイギャラリー(オンライン展覧会)の作成などができます。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会