JP

COLLECTION DETAILS収蔵品詳細

画像のご利用について
教育 非商用 商用

SUMMARY作品解説

生涯にわたって古典的な技法を高く評価し、アングルに限りない称賛を寄せたドガは、自らも線を絵画の生命とする画家であった。ドガは晩年になって、油彩やパステルを用いて踊り子を題材に数多くの名作を残している。特にパステルの作品は、ドガが最も得意とする線による速描により、これまでの堅実な制作の基礎の上に、より幅広い自由で多彩な表現を可能とした。この作品では、出番を待つ踊り子たちの微妙な動きが鋭敏で迫力のあるパステルの肉付けによって表現されている。

ARTIST作家解説

エドガー・ドガ

Edgar Degas1834-1917

パリに生まれる。優れたデッサン力を示したアングルに傾倒し、その飽くことのない修練が彼の画風の重要な基礎を形成した。彼は常に印象派の傍系を意識して、印象派の画家と呼ばれるのを好まなかった。彼が動態をとらえる格好のモチーフとして選んだ踊り子の一瞬のポーズは、得意の素描力と独創的な視点、光と影のコントラストによって的確にとらえられ、カンヴァスの上に永遠の美として昇華されている。

同じ作家の作品一覧

INFORMATION作品情報

出品歴

2010年9月18日 (土)~12月31日 (金)

ドガ展 横浜美術館(神奈川、横浜市)

2009年10月24日 (土)~12月20日 (日)

絵画と写真の交差 印象派誕生の軌跡 名古屋市美術館(愛知、名古屋市)

1995年6月24日 (土)~9月3日 (日)

フランス印象派展—光と色彩の交響曲 サンティジャーナ財団本部、ドン・ボルハの塔(スペイン、サンティジャーナ)

1992年10月16日 (金)~11月5日 (木)

西洋絵画名作展—ルネサンスから印象派、20世紀の絵画 中国美術館(中国、北京)

EXPLORE作品をもっと楽しむ

全国の美術館・博物館・アーカイブ機関を横断したプラットフォームでコンテンツを検索・閲覧でき、マイギャラリー(オンライン展覧会)の作成などができます。

超高解像度で作品を鑑賞いただけます。