JP

SEARCH RESULTS収蔵品検索結果

和泉守兼定(之定)( Izumi no Kami Kanesada (Nosada))の作品が 1件見つかりました。

和泉守兼定(之定)

Izumi no Kami Kanesada (Nosada)

和泉守兼定は孫六兼元と並んで「末関」を代表する刀工である。同銘刀工が数名存在し、初代・二代・三代が世に知られ、特に二代目の兼定は、古刀期には珍しく「和泉守」を受領し、「定」の字をウ冠の下に「之」と切ることから「ノサダ」と呼称される。兼元は刃文に互の目乱の一様式いわゆる三本杉を焼くのに対し、兼定は互の目乱、互の目丁子乱の刃文を得意とする。兼定の刀は、切れ味鋭く江戸時代には最上大業物に位置付けられ、百両兼定などと賞され、池田勝入斎恒興の佩刀「笹の雪」はつとに有名である。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会