JP

FAM NEWSFAMニュース

2023.11.04

「世界遺産 大シルクロード展」作品紹介(5)

女子俑 唐・8世紀 一級文物 陝西歴史博物館
現在開催中の「世界遺産 大シルクロード展」に出品されている作品をご紹介させていただきます。
ふくよかな顔と優雅な立ち姿は典型的な唐美人を表現しています。髪は両耳を出す形で結い上げ、中央に輪のような丸い形に結んだ髪を額に垂らした「烏蛮髻」(うばんけい)と呼ばれる当時流行した髪型とされます。豊かな頬、細い眉、切れ長の目、鼻筋が通り、小さめの口など、上品な顔立ちに優しげな笑みをたたえています。
右手は手のひらを上に向け前に出し、左手は袖の中にしまい胸前に上げた優雅な所作を見せています。藍色の上衣に、ゆったりとした褐色の長いスカートをはき、胸の高い位置で帯を締めています。
右肩にはショールをはおり、足には、出品番号62番の、「唐花文錦鞋」に似た、つま先部分が反り返った靴をはいており、当時の女性の最先端のファッションがうかがえます。