JP

COLLECTION DETAILS収蔵品詳細

切形内近江八景蒔絵印籠 銘 梶川作(榮) Inro Medicine Case in Maki-e Lacquer with Design of Eight Views of Omi Signed Kajikawa saku (with seal Ei)

江戸時代後期(19世紀)/木製漆塗

9.7×4.6×2.6cm

画像のご利用について
教育 非商用 商用

SUMMARY作品解説

江戸形5段の印籠で、金梨子地に、切形の内に近江八景を高蒔絵で表す。段内部は金梨子地。底部左下に作銘。

ARTIST作家解説

梶川

Kajikawa

徳川幕府の御用蒔絵師。初代の梶川常巌が天和2年(1682)に大坂から第5代将軍綱吉に召し出され、印籠その他蒔絵御用を勤めて以来、代々幕府御用を勤めた。梶川銘の印籠は真作だけでも膨大な数があり、一門で多くの印籠を作り出していたと考えられている。

同じ作家の作品一覧

INFORMATION作品情報

出品歴

EXPLORE作品をもっと楽しむ

全国の美術館・博物館・アーカイブ機関を横断したプラットフォームでコンテンツを検索・閲覧でき、マイギャラリー(オンライン展覧会)の作成などができます。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会