JP

COLLECTION DETAILS収蔵品詳細

冨嶽三十六景 身延川裏不二 Thirty-six Views of Mount Fuji: The Back of Mt. Fuji from Minobu River

天保1−天保3年(1830-32)頃/木版多色刷 横大判錦絵

25.0×37.5cm

画像のご利用について
教育 非商用 商用

SUMMARY作品解説

当時、甲斐国側いわゆる西側から見た富士を「裏富士」と呼んでいた。また身延川は富士川を指すとの説があったが、現在は日蓮宗の総本山久遠寺周辺の川であるとの説もある。旅人が行き交う山道の脇を流れる急流とわき上がる雲、そしてその先に競り立つ山々の間から顔を見せる富士の姿は、他の図にはない険しい表情をもつ。また富士とそれを挟む山々、画面右側に伸びた樹木のシルエットがリズムよく並んでいるのも面白い。

ARTIST作家解説

葛飾北斎

Katsushika Hokusai1760-1849

19歳の時に勝川春章に入門し、春朗と名乗る。師春章没後、勝川派を離れ、俵屋宗理を襲名。以後、戴斗、北斎、画狂人、為一、卍老人など30余り画号を使った。40歳半ばから曲亭馬琴著の『椿説弓張月』など、当時流行した読本挿絵を多く手がける。文化11年(1814)、絵手本をまとめた《北斎漫画》を発表。70歳代に入り、代表作《冨嶽三十六景》をはじめ錦絵の揃物を次々と版行。最晩年は肉筆画にも筆を揮った。

同じ作家の作品一覧

INFORMATION作品情報

出品歴

EXPLORE作品をもっと楽しむ

全国の美術館・博物館・アーカイブ機関を横断したプラットフォームでコンテンツを検索・閲覧でき、マイギャラリー(オンライン展覧会)の作成などができます。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会