JP

COLLECTION DETAILS収蔵品詳細

冨嶽三十六景 礫川雪の且 Thirty-six Views of Mount Fuji: Snowy Morning at Koishikawa

天保1−天保3年(1830-32)頃/木版多色刷 横大判錦絵

24.8×36.1cm

画像のご利用について
教育 非商用 商用

SUMMARY作品解説

礫川は現在の文京区小石川付近。画題の「雪の且」の「且は「旦」の誤り。高台にあった茶屋の2階からの眺めと考えられる。雪の降った朝、茶屋は雪見を楽しむ女性たちで賑わいを見せている。澄んだ空気の向こうに白雪をいただく富士が見える。富士の上空には三羽の鳥が舞っていて、空の広さを強調している。茶屋の客の中にもその鳥の存在に気づき、指を差している者もいる。「冨嶽三十六景」シリーズのなかで唯一の雪景色である。

ARTIST作家解説

葛飾北斎

Katsushika Hokusai1760-1849

19歳の時に勝川春章に入門し、春朗と名乗る。師春章没後、勝川派を離れ、俵屋宗理を襲名。以後、戴斗、北斎、画狂人、為一、卍老人など30余り画号を使った。40歳半ばから曲亭馬琴著の『椿説弓張月』など、当時流行した読本挿絵を多く手がける。文化11年(1814)、絵手本をまとめた《北斎漫画》を発表。70歳代に入り、代表作《冨嶽三十六景》をはじめ錦絵の揃物を次々と版行。最晩年は肉筆画にも筆を揮った。

同じ作家の作品一覧

EXPLORE作品をもっと楽しむ

全国の美術館・博物館・アーカイブ機関を横断したプラットフォームでコンテンツを検索・閲覧でき、マイギャラリー(オンライン展覧会)の作成などができます。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会