JP

COLLECTION DETAILS収蔵品詳細

冨嶽三十六景 隅田川関屋の里 Thirty-six Views of Mount Fuji: Sekiya Village on the Sumida River

天保1−天保3年(1830-32)頃/木版多色刷 横大判錦絵

24.6×37.0cm

画像のご利用について
教育 非商用 商用

SUMMARY作品解説

関屋の里は現在の足立区千住付近の隅田川に面する一帯のことを指す。鎌倉時代に関所が設けられていたことからその名がついたという。朝霞がたちこめる早朝であろう。遠方には朝の日に照らされた赤富士が見える。田畑にのびる堤の上を疾駆する3騎の早馬の臨場感がよく伝えている。右端に描かれているのは法令などを掲示する高札場。中央に伸びる松の木は明らかに富士の山容を意識した枝振りをしている。

ARTIST作家解説

葛飾北斎

Katsushika Hokusai1760-1849

19歳の時に勝川春章に入門し、春朗と名乗る。師春章没後、勝川派を離れ、俵屋宗理を襲名。以後、戴斗、北斎、画狂人、為一、卍老人など30余り画号を使った。40歳半ばから曲亭馬琴著の『椿説弓張月』など、当時流行した読本挿絵を多く手がける。文化11年(1814)、絵手本をまとめた《北斎漫画》を発表。70歳代に入り、代表作《冨嶽三十六景》をはじめ錦絵の揃物を次々と版行。最晩年は肉筆画にも筆を揮った。

同じ作家の作品一覧

EXPLORE作品をもっと楽しむ

全国の美術館・博物館・アーカイブ機関を横断したプラットフォームでコンテンツを検索・閲覧でき、マイギャラリー(オンライン展覧会)の作成などができます。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会