JP

COLLECTION DETAILS収蔵品詳細

画像のご利用について
教育 非商用 商用

SUMMARY作品解説

限りない深さをみせる美しいブルーを背景に、若い女性が淡いピンクのドレスを着て座っている。モデルの右手から胸元にかけて色づけられたブルーの影、テーブルと花瓶の不自然な位置関係、扇や竹(テーブルの縁)といったモチーフに、印象派的、日本的な絵画の諸要素を見いだすことができるだろう。また本作は、パステル画の名手カサットが、コロリスト(色彩画家)としても類いまれなる才能を持ち合わせていたことも示している。

ARTIST作家解説

メアリー・カサット

Mary Cassatt1844-1926

アメリカの女流画家。ペンシルヴァニアの裕福な家庭に生まれ、ペンシルヴァニア美術アカデミーで絵を学んだ後、パリに赴くが、普仏戦争の影響などでアメリカとフランスを行き来する。1877年、エドガー・ドガに出会い、彼の勧めで第4回の印象派展から4度にわたり出品した。コレッジョやジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルを学ぶことによって優れた素描の才能を開花させた。また、日本の浮世絵の影響を受け、版画の制作も手がけた。日常生活を叙情的に描写した作品が多く、特に母と子をモチーフにした明朗で平和的な作品を好んで描いた。1926年、フランス北部のメニル=テリビュで没した。

同じ作家の作品一覧

INFORMATION作品情報

来歴

Provenance: George Viau, his 2nd sale, 1907, lot 99 Dikran Keleian, Paris, 1922, lot 66 American Art Association, New York, Commodore Elbridge T.Garry estate inherited by Mr.H.L. Warner, sale February 2-3, 1928, lot 106 Durand-Ruel, New York Durand-Ruel, Paris Private Collection, Belgium Exhibited: Paris, Bernheim-Jeune, Femmes Artistes Modernes, May 25 to Jun 8, 1935

参考文献

Literature: Vittorio Pica, “Artisti contemporanei, Berthe Morisot e Mary Cassatt,” Emprium, July 1907 (illustrated p.13) Adelyn Dohme Breeskin, Mary Cassatt, 1970, p.88, no.158 (entitled “Mimi as a Brunette”) (illustrated)

EXPLORE作品をもっと楽しむ

全国の美術館・博物館・アーカイブ機関を横断したプラットフォームでコンテンツを検索・閲覧でき、マイギャラリー(オンライン展覧会)の作成などができます。

超高解像度で作品を鑑賞いただけます。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会