JP

SEARCH RESULTS収蔵品検索結果

浮田一蕙( Ukita Ikkei)の作品が 1件見つかりました。

浮田一蕙

Ukita Ikkei 寛政7(1795)-安政6(1859)

京都に生まれる。名は可為。豊臣姓を名乗り、一蕙斎と号した。田中訥言に師事し、冷泉為親とともに当時沈滞していたやまと絵の復興の中核を担った。宇喜多秀家の後裔と自称し、詩文と和歌に長じた勤王家でもあった。攘夷論をとなえたことにより、安政5年(1858)、安政の大獄の際に捕えられ、翌年釈放されるも、京都で病死した。代表作《婚怪草紙》は公武合体策による皇女降嫁の画策を風刺した作品として知られる。65歳で没。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会