JP

SEARCH RESULTS収蔵品検索結果

石州直綱( Sekishu Naotsuna)の作品が 1件見つかりました。

石州直綱

Sekishu Naotsuna

直綱は石州盛綱の子、左文字貞吉がその師匠筋ともいわれる。直綱の居住地は石州出羽(いずわ)で、現在の島根県邑南町出羽である。江戸時代の刀剣書『古刀銘尽大全』には、兼光・長義・左文字・義弘・金重・国重・兼氏・則重・来国次・直綱の十人の刀工を連ね、これを世に「正宗の十哲」と伝えるが、先の貞吉説もあって、直綱の正宗十哲説には不明な点が多く今後研究の余地があるとされている。直綱の作風は、姿・恰好は「相伝備前」に似ているが、刃文は互の目交じりの大乱れが多く、焼幅に広狭があり、砂流しが盛んにかかり、金筋などの働きがあり、帽子は返りが深く、地肌には板目肌に柾目が交じるなどの特徴がある。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会