JP

SEARCH RESULTS収蔵品検索結果

奥原晴湖( Okuhara Seiko)の作品が 1件見つかりました。

奥原晴湖

Okuhara Seiko 天保8(1837)-大正2(1913)

下総古河町(現在の茨城県古河市)に生まれる。本名は池田せつ。はじめ谷文晁門の枚田水石に師事。古河藩での女子の単身出府がかなわず、関宿藩の奥原家に養女入りし、江戸に出る。慶応元年(1865)、画室を構え、「墨吐煙雲楼」と称し、晴湖を名乗る。この頃、中国清代の画家鄭板橋に私淑する。明治維新以降、知識階級の中で文人画が隆盛し、木戸孝允などとの交友ができる。明治6年(1873)、安田老山が中国遊学から帰国すると文人画人気に拍車がかかり、晴湖は当時数少ない女流画家として、その豪放な筆で人気を得る。門人は多い時で300人を数えたという。後、同12年(1879)、「龍池会」でのフェノロサの講演を機に文人画人気が凋落。同24年(1891)、熊谷にて隠棲に入る。晩年、筆致は穏やかとなるが作画の意欲は衰えなかった。77歳で没。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会