JP

SEARCH RESULTS収蔵品検索結果

下村観山( Shimomura Kanzan)の作品が 1件見つかりました。

下村観山

Shimomura Kanzan 明治6(1873)-昭和5(1930)

和歌山に生まれる。9歳で狩野芳崖の門をくぐり、後に芳崖の勧めで橋本雅邦に師事する。東京美術学校の1期生として入学。同級に横山大観らがいた。卒業後、同校の助教授となるが、同31年(1898)の岡倉天心排斥運動の際に辞職し、日本美術院の創立に参加。没線描法など新たな絵画表現を模索した。同34年(1901)から母校の教授を務める。また同年、文部省留学生として渡欧し、イギリスで水彩画を学んだ。同39年(1906)より2年間、天心らと五浦に移住。大正2年(1913)の天心逝去を受け、翌年、大観らと日本美術院を再興した。同6年(1917)、帝室技芸員となる。やまと絵と琳派を見事に調和した作風は、深い精神性と古典的格調を感じさせる。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会