JP

SEARCH RESULTS収蔵品検索結果

ジャン=バティスト・グルーズの工房( Workshop of Jean-Baptiste Greuze)の作品が 1件見つかりました。

ジャン=バティスト・グルーズの工房

Workshop of Jean-Baptiste Greuze 1725-1805

グルーズは、ブルジョワジーの生活観と価値観のもとに、その風俗を感傷的な人物像に託して描いた画家で、絵の中に道徳的で教育的なメッセージや教訓をとり入れた風俗画を得意とした。このテーマ性は、啓蒙思想家ドゥニ・ディドロに好感をもって迎えられ、彼によって「描かれた道徳」と讃美された。発想や様式は、18世紀前半のロココ絵画を平俗化したものであったが、道徳的色彩の薄い少女の肖像画などには、優れて絵画的な要素を見い出すことができる。しかし、大衆の趣向に迎合しようとした作風から、新古典主義へと移ってゆく趣味の変化とともに、その作品は時代遅れとなり、フランス革命後は長らく忘れ去られた存在であった。

CURRENT
EXHIBITIONS現在開催中の展覧会